低コストが魅力

低コストDWG互換CAD最大の魅力は、AutoCADと比較すると低コストで導入できる点だと思います。特に小さな設計事務所の場合には、AutoCADを1つ導入するだけでも高い費用が発生することになりますので、そうやすやすと導入を決心はできないのではないでしょうか。

その点DWG互換CADはAutoCADと比較すると安価に導入することができますので、小さな設計事務所にとってはありがたい存在だと思います。また、Autodesk製品は価格が高めな点だけではなく、非常に多機能な点も時にデメリットとして感じられるでしょう。

多機能であれば作業の幅が広がりますが、広く業務を担当していない場合には、最大限その機能を使いこなせているとは言えません。DWGファイルの設計や作業が中心で、使いやすさという観点から考えた場合、DWG互換CADのほうが良いと感じる方もいらっしゃいます。

Autodesk製品を上回る機能力があるとは言えませんが、類似する製品として考えるのなら充分すぎるほどのスペックを誇るのではないでしょうか。使用感や価格設定など、利用する方や企業の置かれている状況によっては、導入を前向きに考えてみるだけの価値はあると思います。