低コストが魅力

低コストDWG互換CAD最大の魅力は、AutoCADと比較すると低コストで導入できる点だと思います。特に小さな設計事務所の場合には、AutoCADを1つ導入するだけでも高い費用が発生することになりますので、そうやすやすと導入を決心はできないのではないでしょうか。

その点DWG互換CADはAutoCADと比較すると安価に導入することができますので、小さな設計事務所にとってはありがたい存在だと思います。また、Autodesk製品は価格が高めな点だけではなく、非常に多機能な点も時にデメリットとして感じられるでしょう。

多機能であれば作業の幅が広がりますが、広く業務を担当していない場合には、最大限その機能を使いこなせているとは言えません。DWGファイルの設計や作業が中心で、使いやすさという観点から考えた場合、DWG互換CADのほうが良いと感じる方もいらっしゃいます。

Autodesk製品を上回る機能力があるとは言えませんが、類似する製品として考えるのなら充分すぎるほどのスペックを誇るのではないでしょうか。使用感や価格設定など、利用する方や企業の置かれている状況によっては、導入を前向きに考えてみるだけの価値はあると思います。

何ができるの?

DWG互換CADを実際に利用したことがないと、いったい何ができるのか見当もつかないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?もちろん、設計事務所などで働いていらっしゃる方はその限りではないと思いますが、あまり詳しくないという方もいらっしゃると思います。

ソフトDWG互換CADとは、端的にご説明するとAutoCADと同程度の作業ができるCADソフトのことを指します。設計業界においてはAutoCADが標準となっていますが、その中でもDWGファイルは多用されるデータ形式と言えるでしょう。そのDWGファイルをAutoCADを利用せず、他のソフトで作成したいと考えた場合に利用するソフトです。

遅れることもありますが、AutoCADにバージョンアップが発生すればそのバージョンに対応できるようDWG互換CADもバージョンが上がります。使用感もAutoCADを利用しているのと同じかそれ以上に感じられることもございますので、使用感からDWG互換CADを選ぶ方もいらっしゃるようです。

完全にAutoCADと同じ手順で利用できるという訳ではありませんが、できることに大差はなく、むしろDWG互換CAD独自のシステムが構築されているケースもございますので、もし設計業界に身を投じていてまだDWG互換CADに触れたことがないという方がいらっしゃいましたら、試してみるだけの価値はあるのではないでしょうか。

DWG互換CADとは

設計業界で働いていると、AutoCADは非常に身近に感じられる存在なのではないでしょうか?AutoCADを使用した経験があれば設計事務所で働くことも叶いやすいほどに、業界標準になっていると思います。

しかし昨今では、導入している設計ソフトがAutoCADに限られているわけではありません。AutoCADとの互換性が強い、ローカライズされたDWG互換CADが導入されている設計事務所も非常に多くなっています。

DWG互換CADDWG互換CADではAutoCADと同程度の作業ができ、なおかつ独自のシステムが確立されているケースもございますので、企業の担当する業務内容や、利用する人によってはAutoCADを利用するよりも使いやすいと感じられることもあるでしょう。

さらに、AutoCADを導入するよりも低コストな点も非常にDWG互換CADの魅力的な要素と言えます。また、初めはコスト削減に着目して導入する方が多い傾向にありましたが、Autodesk製品よりもDWG互換CADはできることが限られていることから、幅広い業務内容では無く特定の業務に特化した作業内容を担当する方からすると、Autodesk製品よりもスムーズな使用感が得られることでしょう。

こちらでDWG互換CADとはどんなことができるのかという点から、DWG互換CADの魅力的な部分までご紹介いたします。DWG互換CADに触れたことがないという方はぜひ参考にしていただき、導入を検討してみてください。こちらの記事をきっかけとして、DWG互換CADの特徴を少しでもお分かりいただけましたら幸いです。